仮想通貨史上最大規模の被害 CoinCheckのNEM盗難

仮想通貨史上最大規模の被害 CoinCheckのNEM盗難


おはようございます。テストがかなり忙しくなかなか更新できていません。
ブログを書くのがこんなに大変だったとは、、、。(笑)

CoinCheckのNEM盗難

仮想通貨業界では、1/26に日本最大級の取引所であるCoinCheckのアドレスから、NEMが不正に送金されてしまう大事件が起こりました。
僕もコインチェックでNEMを持っていたので、一応被害者ということになります。
少額だったので、良かったです。

事の発端

最初に僕が、ん?と思ったのがだいたい1/26の1時20分くらいだったと思います。
12時ごろまずCoinCheckでNEMの入金が停止され、その後NEMの売買も停止されました。
これを知った時はシステムの異常かな?とも思いましたが、冗談半分でこんなことを言ってました。

本当にハッキングだったとは…。

一連の流れ

まず最初にNEMの入金が停止されました。
その後、様々なことが制限されていきます。
以下のような流れでした。

1/26 12:07

現在、NEMの入金について制限をさせていただいております。入金を行いました場合、残高に反映がされませんため、入金を行わないようお願い申し上げます。

みなさまには大変ご迷惑をおかけしておりますが、ご了承くださいますようお願い致します。
詳細に関しましては、判明次第、当ブログや公式SNSにてお知らせを致します。

何卒、よろしくお願い申し上げます。

——————
1/26 12:38 追記

現在、NEMの売買についても一時停止をしております。大変ご迷惑をおかけしてりますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

——————
1/26 12:52 追記

現在、NEMの出金についても一時停止をしております。大変ご迷惑をおかけしてりますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

——————
1/26 16:33 追記

現在、JPYを含め、取り扱い通貨全ての出金を一時停止しております。大変ご迷惑をおかけしてりますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

——————
1/26 17:23 追記

現在、BTC以外(オルトコイン)の売買を一時停止しております。大変ご迷惑をおかけしてりますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

——————
1/26 18:50 追記

現在、クレジットカード、ペイジー、コンビニ入金による入金が一時停止しております。大変ご迷惑をおかけしてりますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

ご迷惑、ご心配をおかけしておりまして申し訳ございません。原因や詳細など、判明次第早急にお知らせ致しますため、何卒、よろしくお願い申し上げます。

https://coincheck.com/blog/4671より

最終的には日本円を含む全ての通貨の売買、出金が停止され、界隈でもかなり心配の声があがっていました。

CoinCheckによる会見

CoinCheckは、出川哲郎さん出演のCMでも話題となり、世間的にも有名な取引所であるため、騒ぎもすぐに大きくなりました。
そして、当日の23:30頃からCoinCheckが記者会見を開くことになります。
会見では、和田CEO、大塚COO、顧問弁護士の3名から今回の事件についての説明がありました。
その中で語られたことは、

  • 不正アクセスによって、5億2300万XEMが盗まれた。
  • NEMは全てホットウォレット(オンライン)で管理
  • マルチシグも対応していなかった
  • 保障方法は検討中
  • 取引履歴から送金経路を追跡中
  • セキュリティ面では出来ることはやってきた
  • NEM財団からハードフォークは出来ないと言われた

他にも色々あったとおもいますが、大事なところはこれくらいですかね。
この会見では記者の質問にかなりイライラしました。(笑)
同じことを何度も聞き、無駄に高圧的で、会見を見ていた人の多くは記者の質問方法についても疑問を覚えたんじゃないでしょうか。
そもそも仮想通貨について分かっていない人もかなりいた印象です。
しかしコインチェックのセキュリティが甘かったのは事実だと思います。
会見で答えていたように、コールドウォレットで保管してマルチシグに対応することは技術的に難しいことなのでしょうが、そのシステムを作ってからNEMを取り扱い始めても遅くなかったでしょう。
すでに取り扱い始めている通貨のセキュリティを向上させていくのでは、順番が逆ですよね。
ビットコイン、イーサリアムはコールドウォレットで保管しているといっていましたが、正直他の通貨でセキュリティが万全でない通貨もあるんじゃないでしょうか。

その後の対応

27日の夜、コインチェックがNEM保有者に対する補償方法について発表しました。


日本円にして、全額返還するという内容です。
1XEM=88.549円ということでこの騒動で下がってしまった値段での返還となるので、強制損切りとなる人も、多いと思います。(僕もそうです)
が、コインチェックの自社資産で返還するということで、倒産はないんだと思います。
この素早い対応にはとても感心しています。
ここでコインチェックが対応方法を間違えて、今以上にニュースにされてしまうと、世間の仮想通貨市場に対しての不信感は簡単に拭えるものではなくなったと思います。
それにしても、取引所って儲かるんですねー。(笑)

NEMについて

NEMの脆弱性をついた不正アクセスではない

これは勘違いしている人がいたら、考えを改めてほしいのですが、以前イーサリアムがハードフォークしたときとは異なり、今回はNEM自体の脆弱性によって引き起こされたことではありません。
単純にコインチェックのセキュリティが甘かったために、不正アクセスされてしまっただけです。
ハードフォークをしないのも、そういった理由からだと思います。
そのため、NEM自体についてネガティブなイメージを持つ必要はありません。

ホワイトハッカーみなりん氏の活躍

今回の騒動の裏で、みなりんという方が問題解決のために動いていました。

NEMに搭載されているモザイクという機能を使って、ハッカーのウォレットにマーキングをして監視しているようです。
今回盗まれたNEMを現金に換えるには一度どこかの取引所に入れなければいけません。
そのため取引所が結託すれば、マーキングされたウォレットからの入金を拒否することが出来、犯人は現金を手に入れることが出来ないということです。
ハッカーはどうしようもなくなると返還を申し出ることもあるということなので、是非頑張ってほしいと思います。

みなりんさんは完全にボランティアで動いているようなので、応援したい方は是非寄付をしてあげてください。

今回の事件で感じたこと

ここからは今回の事件に関連して、僕が考えたことを書いていこうと思います。

仮想通貨のセキュリティについて考えるきっかけに

今回、コインチェックはセキュリティの甘さ故にこのようなことが起きてしまいました。
そして、NEMを盗まれた被害者は僕を含めて、自分の資産を取引所に入れっぱなしだった人たちです。
もちろんコインチェックには、顧客のお金を守る義務があったと思いますが、僕たち被害者にも出来ることがあったのではないでしょうか。
NEMは将来に期待して長期間ホールドするつもりだった人も多いと思いますが、その場合は自らウォレットで保管するのが最も安全です。
ぜひ検討してみてください。現在、今回の事件の影響でハードウェアウォレットがかなり売れているようです。
また、コインチェックはもちろん、その他の取引所もこの件でセキュリティには力を入れるようになるのではないか、と考えています。
取引所も客もセキュリティを強化していけば、仮想通貨はより安全で信頼できるものになっていくと思います。
今後のことも考えると、今回の事件もよいきっかけになると考えています。というよりもしなければいけません。

仮想通貨に対しての風当たりの強さ

まだまだ仮想通貨の良さは世間には浸透していないということも痛感しました。
昨日の会見のときのabemaTVや様々なニュースのコメント欄などを見ても、やはりまだまだ信頼されているとは言えません。
すでにビットコインなどの名前を知っている人はかなり増えたとは思いますが、ブロックチェーン技術など仮想通貨の中身ももっと知ってもらわないと、この風当たりの強さは変わらないんだろうなとも感じます。
僕も去年の年末から始めた初心者で、その頃の仮想通貨の新規参入者の勢いはすごかったですが、まだまだですね。
逆に伸びしろがあるともいえるので、今後が楽しみでもあります。

挑戦し失敗した人を叩く日本の風潮

コインチェックの社長である和田晃一郎さんはまだ27歳とかなり若いです。
しかし、コインチェックを立ち上げ、460億円もの補償金をすぐに出せるほどの大きな会社にしたとんでもない人です。
リスクもある中でチャレンジし、実際に成功していて、とても尊敬できます。
しかし、記者の質問の仕方もそうですが、SNSなどでも普段全く仮想通貨に興味を持たない人が、ここぞとばかりに叩きまくる。
不倫報道であふれるワイドショーなどもそうですが、なぜこんなにも人の不幸ばかりに興味を持つのでしょうか。
もちろんそうじゃない人もたくさんいると思いますが、こういう風潮には嫌気がさします。
もっとチャレンジする人を応援し、楽しい話題で溢れる国になってほしいです。

その他カテゴリの最新記事